家事がひととおり出来る女性なんて、男性からしたら結婚相手にしたい最良の相手。

出会ってすぐの男性に、家事のスキルを見せつける機会はなく、なかなかアピールしずらい点ではありますが、交際期間が長くなり、お互いの生活が見えてくるようになれば、最終的に結婚の決め手になることは間違いありません。家事はできて損することなどないのです。

それならば、なぜ結婚できないか。まずは、自身の生活を振り返ってみてください。

アラサーと言われても、20代でいるうちはなんだかんだと周囲にちやほやされる年齢です。晩婚化は進み、周りの友人も未婚の子が多く、仕事帰りに飲みに行く友達にも事欠きません。

自分磨きと称して、習い事や遊びの予定をぎっしりとスケジュール帳に書き込んではいませんか?

仕事もプライベートも充実している未婚女性に、ついついありがちなSNSでのリア充アピール。実は、これが結婚のタイミングを大きく逃している原因のひとつなんです。本人は至ってふつうに、決してリア充アピールなどをしているわけではなく、ただ「美味しいものを食べ」それを写真に撮り、「面白い映画を観て」映画のチケットとドリンクを片手に写真を撮り、ちょっとリッチなランチと称して、レンタル着物で銀座のお寿司屋さんに食べに行った様子を写真に撮り、記録としてSNSにあげているだけかもしれません。

リア充アピールかどうかも、受け取り手の価値観によるものなので「楽しそうでいいね!」という人もいれば「うっとうしいな」と思う人もいるのが当然です。人からどう思われようが、自分が載せたいから載せている、もちろんそれでいいのです。

しかし、これが確実に結婚のタイミングを逃しているのは事実です。あなたのことを気になっている男性や、新しく出会ったばかりの男性は、かならずSNSをチェックすることと思います。

毎週末、どこそこへ出かけてきました。週末の予定は、こうです、という風にマメに更新している様子を見て、男性はどう思うでしょうか。

「隙がないな」と思ってしまうんです。いつ見ても、予定がぎっしり詰まっているようで、自分が誘っても断られてしまうのではないか、入り込む隙がないのではないかと尻込みしてしまうんです。

そして、数々の美味しいものの写真を見て、ちょっとそこら辺のお店では満足してもらえそうにないな、話題のお店や、高級なお店に連れていかないと、相手にしてもらえないかもしれないな…と、なかなか彼女候補にならない可能性があります。

プライベートの充実ぶりに限ったことではありません。

仕事の様子をSNSに投稿する際にも、気を付けなくてはいけません。

出勤前に、朝活と称しておしゃれなカフェでコーヒーを飲む写真を投稿してはいませんか?意識の高さと、スケジュールに隙のない様子が、そこからも漏れ伝わってしまいます。

残業で、こんな時間に電車に乗ってる、でもこれから飲みに行きます!なんていうタフな投稿も、男性ウケはあまりよくありません。元気いっぱいで、仕事もプライベートも充実している様子を見て、憧れる人もいるかもしれませんが、結婚相手の候補としてはややマイナスです。

気になる男性が「今日は仕事が早く終わったから、誘ってみようかな」と思っても、常に約束や予定でぎっしりの場合、突然の誘いや思いがけないきっかけを逃してしまうことが多くなってしまい、出会いのチャンスを次に活かせなくなってしまいます。

家事もひととおりできる、しっかり者の女性にありがちなのは、そのほかのこともひととおりなんでもこなしてしまい、隙がないということです。隙だらけ、というの困ってしまいますが、ちょっと抜けている部分があるくらいの方が、女性としては可愛げがあります。

また、男性はプライドの高い生き物です。はじめから断られるとわかっていると、誘いません。

いつも忙しそうだから、きっと誘っても断られるだけだろうと思われてしまっては、いつまで経っても先に進むことができないのです。

家事が得意な女性は、段取りも上手なので、てきぱきと忙しく動いているのが好きなのかもしれません。また、予定が詰まっていることで、先を予想してそのために効率的に動くことを考え、無駄を嫌う傾向にあるのかもしれません。しかし、結婚につながる恋愛のきっかけはどこに落ちているかわからないものです。たまたま出会った偶然の出会いも、ぎっしりと詰まった予定の上では、入り込む隙間がありません。

あえて、無駄な時間を作ることで、予期せぬ出来事が起こるかもしれないのです。

残業で遅くなった日に、帰りのエレベーターが一緒になった同僚と、飲みにいくことがあるかもしれません。その同僚が、前からちょっと気になっている男性だったらどうですか?

予定を詰め込んでいなければ、一緒に飲みに行って、意気投合して、次の週末にはデートの約束をしているかもしれません。

ですが、あなたが前々から友人と女子会の約束をしていたら、その先に交際、結婚はありません。

いま一度、スケジュール帳を見直して、あえての隙を作る努力をしてみてはいかがでしょうか。

きっかけさえ作ることができれば、そこから家庭的な面をアピールすることはいくらでも可能です。

結婚の決め手になるスキルを持っているのだから、まずは、出会いのきっかけを作る下準備をしてみてください。