結婚するということはとても重要なことであり、自分の幸せのためだけでなく相手の幸せも半分は背負う覚悟が必要となります。その場合結婚する前にその障害となりえる問題は全て解消しておかなければいけませんし、問題を残したままの結婚はその後の結婚生活に陰を落とすことにもなりかねません。特にお金の問題は結婚するための障害となりやすく、借金問題は結婚後の夫婦間に亀裂を生じさせてしまう原因にもなりやすいとても大きな問題となります。何故借金が結婚の障害となるのかといえば、結婚する前であればその借金は自分が抱えているだけなので相手に対して特に迷惑をかけるということもないと言えますが、結婚してしまった場合には戸籍上も身内となり一生を共にするパートナーとなります。

そうなると2人の間には信頼というものが特に必要となり、借金を隠して結婚したということがばれてしまった場合には、それが離婚へと繋がる可能性もありますし、借金のことを言っていなかったことが不信感にも繋がります。隠しているという行為はそのまま他の疑惑や疑念を生むことにもなりますし、借金だけでなくほかの問題も隠しているのではないかと疑われる原因にもなります。一旦そういった状況になってしまうと、結婚生活をスムーズに問題なく行っていくというのは難しくなりますし、一度生まれた疑念というものは簡単には消すことが出来ません。そのため借金がある状態でそのことを隠したまま結婚するというのはトラブルを生んでしまうことになると考えなければいけないでしょう。

もしばれないように細心の注意を払って返済を行っていた場合でも、結婚した場合には収入をまとめて管理したいと考える男性も多いためその段階で借金の返済をしていることが分かってしまうこともありますし、もし返済が滞れば催促の電話や督促状が届くことになり、それで借金があることがばれるということもあります。そうなるとさらに立場は危うくなり、何故借金のことを隠していたのかという追及を受けることにもなります。そうならないためには借金を結婚する前に全て無しにした状態で結婚に踏み切るのが最良の方法と言えます。方法としては2つの方法が考えられ、一つ目が結婚する相手に借金のことを伝え返済が終わるまで結婚をしないという方法です。この場合相手に借金のことを話してそれを納得してもらう必要がありますので、場合によってはその段階で結婚できなくなるという可能性もあります。

しかし相手が借金返済に関して理解をしてくれた場合には、借金を返済した後に晴れて結婚するということも可能となります。借金を隠して抱えたまま結婚するよりも、借金のことを理解してもらい返済後に結婚するほうがお互いの絆にひびが入ることも少ないでしょうし、理解を示してくれる相手であれば借金が問題で別れるということにもなりにくいと言えます。しかしこの方法はやはりリスクが高いといえますし、理解を示してもらえないということもあります。そのため最良の方法としては自分1人で借金を清算しその後結婚するほうがリスクが低いと言えます。

その方法としては借金の額にもよりますが債務整理を行うのが最も確実な方法となります。債務整理には段階的に任意整理・個人再生・自己破産と種類があり、どの方法を用いた場合でも借金を清算することが出来ます。任意整理は貸金業者と直接話し合いをして借金を減額、個人再生は裁判所を通じて貸金業者と話し合いをし借金を減額、自己破産は破産申請を行い借金をゼロにして返済する必要も無くなる方法です。もし借金の額が小額で自分で返済が可能であれば使う必要はありませんが、額がある程度大きく返済に時間がかかる場合には任意整理や個人再生を利用して金額を減額してもらい、残りを返済するという方法をとるのがおすすめです。この場合返済義務は残りますし返済できなくなれば差し押さえなどの問題も生じて来ますが、3年程度で減額された金額を完済することになるので、結婚までの3年間を返済に充てていけば結婚するときには借金なしで結婚することができるでしょう。自己破産の場合は金額が大きすぎてもはや個人では返済も難しいという場合に利用すると借金を全てなしにできる方法です。この場合申請してそれが認められるまでにある程度の時間がかかりますし、認められた場合でも財産を放棄する必要性も出てくるのである程度のリスクは覚悟しておく必要があります。ローンなどの利用も5年~10年程度出来なくなるのでその不自由も理解しておく必要があります。それを理解できていれば自己破産することで借金がない状態で結婚することが可能になるでしょう。債務整理は行った場合他の人にばれることはありませんし、結婚した場合でも債務整理の利用経験があることが口外されることはないので、結婚する前の債務整理が結婚に不利益に働くということも少ないと考えて良いでしょう。