とてつもなく寂しくなる…そんなことはないでしょうか?そしてそれはどんな時でしょうか?

●恋人と別れた時

●1人暮らしを始めた時

●周りがどんどん結婚していく時

●好きな人に振り向いてもらえない時

たくさんあるかと思います。

「寂しいから恋人が欲しい、結婚したい。」という言葉をよく聞きます。しかし、寂しいから結婚をしてその寂しさが消えるのでしょうか?

今回は寂しさを上手に断ち切って素敵な結婚をする方法をお伝えしたいと思います。

▪️寂しい心理になった時に取りがちな行動

①メール依存症になる

寂しいと感じた時に誰かと繋がっていたいという思いが強くなりメール依存になることが多いです。特に、依存相手が異性であるとやっかいになってきます。

本当に好きでメールを多くしているのであればいいのですが、寂しさを埋めるために、頻繁に連絡を取るとメールをしていない時にふと、「なんでこんなことしてるんだろう。」と考え、余計に寂しくなってしまう傾向にあります。

相手の異性にも、「もしかしたら脈ありかも?」と思わせてしまったりと最終的に相手を傷つけてしまうということにもなりそうです。

②優しい言葉に惑わされる

寂しい気持ちになると普段よりも冷静に判断ができなくなります。普段、タイプではない人でもちょっと優しい言葉をかけられたらその人のことを好きかもと思ってしまったりしてしまいます。

それで付き合って幸せな気持ちになればいいのですが、“優しい言葉をかけてくれたからその人を好きになっただけ”となってくると、“優しくない一面”が出てきた時に本当に好きではなかったと気づいてしまうことがあります。

寂しさの理由から行動するとあまり良いことはありません。なので、「寂しいから結婚したい」と考えるのはいけなくて、寂しさを断ち切ってから結婚とならなくては良い結婚はできないのです。

▪️寂しさを断ち切るには?

まずあなたはどんな結婚相手と、どんな結婚生活を送りたいですか?

最初にここから決めていき、逆算していきます。自分が思い描く理想の相手というものがあるかと思います。

例えば、気遣いができて家庭的な人だったり、面白くて漫才みたいな関係を作りたいだったり、尊敬してお互いを高めあっていきたいなどです。

結婚生活では自分は家族の中でどういう役割をしたいのか、休日はどんな風に過ごしたいのか、子供は欲しいか、欲しい場合どう育てたいのかなどです。

ここまで考えることができたら今、どうして自分が寂しいと思うのかを紙に書き出してみます。できればそれを改善するにはどうすれば良いのかも書いてみます。

人にそれぞれに思うところがあるかと思いますが、寂しさを断ち切るのに1番大切なのは、何にも依存せず自分の時間を楽しむことです。

今、メールばかりして1日を過ごしているのであればその時間の全てとは言わないので半分は自分の時間にしましょう。

人と時間を共有することは良いことなのですが共有しすぎると自分がなくなってしまいます。

自分が熱中できる何かを見つけます。

料理、スポーツ、手芸、DVD鑑賞、山登り…なんでも良いです。1人でもできる何かを探しましょう。

自分の時間を楽しむことができたら1番最初に考えた結婚するのに理想の相手を探しに行きます。自分の時間を楽しむことができる人というのは輝いています。

婚活をしてもキラキラしていて異性の目に留まりやすいです。それ故、人気を集め多くの中から自分が選ぶことができます。

寂しい気持ちのまま行ったら、「自分のことを良いと言ってくれているから」とか、「相手にしてくれそうだから」とハードルが下がった基準で婚活において選びがちになるので、やはり寂しさを断ち切ってから婚活に行くというのがとても効率的です。

▪️寂しさは簡単には断ち切れない!そんな時は…!!

とは言えどもそう簡単に寂しさを断ち切ることができているのであればとっくに断ち切っていますよね?

自分の時間を楽しもうとしても楽しむことができないという人はむやみやたらに頑張ろうとしなくても大丈夫です。

人生は正と負の繰り返しです。良い時もあれば悪い時もあります。気分が落ち込んだ時は思い切り泣きましょう。友だちや気心しれた人に吐き出しましょう。

時に話を聞いてもらうことも大切です。

▪️結婚は寂しいからするものではない!

いかがだったでしょうか?寂しさからする結婚はいつかその結婚が本物ではないと気づきもっと寂しさに溺れてしまいます。

寂しくない時…楽しい時間や幸せな時間を過ごした恋人とのことを思い出してみて下さい。

毎晩毎日メールをしなくては寂しくなる相手でしたか?

それからどんなところが好きだったかを思い浮かべてみて下さい。

過去の恋愛を思い出してみると、きっと寂しいから付き合おう、結婚しようだなんて考えられないかと思います。

相手のことを素敵だと思ったから結婚したい…そう思えるようになるまで結婚はおあずけです。

寂しくなった時、辛くなった時は周りの友達に話を聞いてもらいつつ自分への時間作りをしながら焦らず、ぼちぼちと婚活をしていきましょう!