恋愛は実に面倒で、それでも結婚はしたい。三十を前にして二十代前半のような夢見がちな時期はとっくに過ぎた。現実は嫌というほど見てきた。友人や職場の仲間が一人、二人と寿退社をして仕事から家庭へ入る姿を見せつけられた。私もそろそろ、そちらの仲間入りを果たせたら、そう思ってはいる。けれど、結婚にはその前に恋愛という長く面倒で生活のリズムを壊しかねない、精神をすり減らす期間が存在する。悩みは簡単に解決ができます。結婚相談所へ行かれると良いでしょう。ここはすでに結婚する前提で互いが出会う。ここでいう恋愛は、結婚相手を見極める期間です。愛を育む、面倒で、けれど濃密である期間はいりません。結婚を心の底からしたい、そして恋愛を面倒に思う方は結婚相談所がその願いを叶えてくれるのです。

しかし、結婚相談所も気が進まない。二人の出会いを人から聞かれたとき、どう答えてよいのか、返答に困る。嘘はつきたくない、でも恋愛はやっぱり面倒だ。どうにか結婚のきっかけが結婚相談所以外で見つけられないものだろうか。見方を変えます。対象とする年齢を変えてみる、するとあなたの望む相手は見つかります。恋愛対象は同年代か少し上と決めてかかっていたでしょう。あなたの年齢から五歳以上です、周りを見渡してください。三十の半ばは働き盛り、仕事に一番忙しい時期です。私生活に時間を注ぐ余裕は持てず、家と職場の往復、出張や訪問相手の対応、少ない時間は同僚との時間や体を作る食事や運動などに費やされる。時間が彼らにはありませんね、そしてあなたはあまり仕事を続けたがってはいない。どちらかといえば家庭に入りたいと思っている。互いに求めるものが合っていると思いませんか。家を守ってくれる人がいれば、仕事を彼らは続けられる。しかも、あなたは恋愛を望んではいない。すぐ結婚をし、身の回りのことを何も言わずにこなしてくれる人を、あなたが見過ごしてきた三十代半ばの彼らは、望んでいるのでは、と思うのです。つまり、彼らを支える役目があなたの結婚を叶えてくれます。結婚相談所へ駆け込む必要も、出会いのきっかけを偽ることもありません。近くにいるのですから、もう相手をえり好みする時期はとうに過ぎていると自覚はしているでしょう。見た目、性格、価値観などは許容することです。妥協ですね。目的は結婚なのです。ただし、そのためには選ぶ時間は僅かだ、と思ってください。三十を前に結婚をする、決めているなら尚更です。対象は目に映っていますね。見ていなかった年代が見えているはずです。あとはあなたの行動次第で、名字を変えた新しい三十代が送れることでしょう。結婚相談所か、五つ上の働き者を選ぶこと。出会いのきっかけを堂々と報告したいのなら、年上の働き者を探してください。忙しく仕事のことばかりを考えている人が対象ですよ。交友関係は狭く、何事にも真摯な人は仕事を全うしようしています。サポートをさりげなく行ってください。相手があなたを必要とすれば、そのやさしさに気が付くと、相手との距離は縮まるでしょう。もしも、周囲には同年代か、年下ばかりだという方は、彼らよりも上の年代とあなたが、交友関係をと持ってください。その人たちが紹介をします。おせっかいな人はまじめな人を良く知っています。働き者に良い人を当てがいたくて、しかたありません。あなたも独身であれば、出会いのきっかけを提供してくるはずです。おせっかいな人を探してその人と交友関係を持つ。待てば、求める人の紹介が自然と訪れる、出会いがない人に向けた年上で働き者を見つける方法です。

相手はこれでみつかるかもしれません、しかし働き者は恋愛よりも家庭を守る人を求めてはいます。結婚して家庭も見向きしてくれないのでは、と思われる方もいるでしょう。結論から言えばいずれ家庭を顧る時間はやってきます。子供を産むつもりであるなら、結婚相手の目は小さな子供へ向かいます。子供、そしてあなたを養うためさらに仕事へ意欲的に取り組む。外に目が行くかもしれない。浮気をあなたが心配する必要はないでしょう。出会った入り口は大恋愛、障害や困難、復縁を経て結ばれてはいません。また、結婚相手はすでに他所が気になる時期を過ぎています。抱える仕事に向き合うことで手一杯。残された一日の時間は、あなたや家族へ向けられ、仕事へと戻る。結婚後の安定はむしろ恋愛結婚より恋愛を省略した、紹介による結婚に軍配があがるのです。結婚したら安心して暮らし、彼を支える。実現したいのならは相手は働き者に限ります。そして家族を作ること、この二つを守ってください。

また、子供は欲しくない、二人だけで生活がしたい。このような人は、きっぱり現在の職を辞めるべきです。務めていた会社や仕事は一度辞めて、家事を最優先に空いた時間に使った仕事へ切り替えてください。なぜかと言えば、あくまで彼が求める結婚は家が守られていることだからです。何も言わずにこなしてくれている、そのことで彼は仕事にだけ集中ができます。帰った家が汚く、汚れていては結婚の意味は薄れてしまいます。相手の願いを叶えて、時間をやりくりし、空いた時間で仕事をする。じっとしていられないのなら、この方法を取るべきですね。

恋愛をせず結婚するには年上と働き者を探すこと。身の回り、結婚相談所、おせっかいな人物からの紹介で相手を見つける。結婚後は子供を授かるか、仕事きっぱり辞める。これで恋愛が面倒だという方でも結婚はできるでしょう。