パナソニック社員と出会うためには、さまざまな方法があります。パナソニック社員の職種にもよりますが、技術系の社員と出会うためには、展示会などに行くことをお勧めします。技術者の方はたいてい何らかの展示会に行き、他社の技術動向をチャックしていることが多いです。そして技術系の方は結構、出会いがあるようでなく、出会いに植えている方もたくさんいます。私の友人2人も、パナソニックの技術の方と結婚したのですが、友人は合コンでゲットしました。またもう1人の友人は、パナソニックとは別の会社に勤めているのですが展示会で知り合いになり、そこで意気投合して結婚しております。彼女の場合、展示会の説明員として自分の会社のブースにいたそうなのですが、今の旦那さんがそのブースにこられ説明をしているうちに名刺交換から始まったそうです。もちろん、旦那さんの方から後日、連絡が来たそうなのですが、今は二人とも幸せになっております。

そして一番オーソドックスにパナソニック社員と出会う近道は、大阪大学出身の方を見つけることです。パナソニックには大阪大学の方がかなり大勢います。そのため、大阪大学の方に知り合いがいれば、必ず、どういったルートでかパナソニックの社員を紹介していただくことができるはずです。私の場合、私自身は大阪大学ではなく地方の大学だったのですが、友人の友達が大阪大学であり、そのルートからパナソニックの方たちと合コンを何度かしました。会社として大きいため、男性の数も相当います。そのため、一回の合コンで終わることはなく、一回合コンすると、その中のメンバーのどなたかがまた別の男性陣を連れてきてくれます。つまり、一回パナソニックの男性と合コンすることができさえすれば、少なくともあと数回はパナソニックの他の男性と出会うチャンスがあるのです。このチャンスをうまく活用すれば、必ず付き合うこともでき、結婚することもできます。もちろん、最近の男性は、女性の収入もある程度あてにしている方もいます。しかし、そうでない方もいます。そしてパナソニックの方は十分な収入があり、出会いに飢えている人も中にはいます。そういった方を探すことが一番、結婚への近道であると考えます。私も、三回目の合コンでパナソニックの男性と出会い、お付き合いをした後、結婚しました。そして今は、専業主婦をしております。もう一つの鉄板の出会い方があります。それはパナソニックの男性を旦那さんにもつ主婦もしくはパナソニックの男性を彼氏さんにもつ女性の方と出会うことです。何度も説明しますが、パナソニックの男性でもなかなか出会いがなく、独身の男性も結構おられます。そのため、何らかの形で出会いを探しているのですが、上司や同期などから誘いがあればある程度、着てくれます。つまり、パナソニックの男性を旦那さんにもつ主婦もしくはパナソニックの男性を彼氏さんにもつ女性の方と出会い、あなたがパナソニックの男性と出会いたい旨を説明した後、その主婦の方もしくはその女性にお願いすれば、頼んでみてくれるはずです。そして、その男性が動き際すれば、パナソニックの男性をある程度、連れてきてくれます。そうなれば、その中で自分にあったパナソニックの男性を選べばいいのです。とにかくチャンスはいくらでもあります。特に大きい会社になれば、男性の数も多いといえ、チャンスもその分、広がるのです。もう一つ出会う方法があります。それはパナソニックに派遣社員として勤めることで出会いを探すこともできます。ただし、これは限られたパナソニック社員との接点しかないため、必ずしもうまくいく方法とはいえません。つまり、ある部署での配属となり、それ以外の社員との接点はあまりないそうです。そのため、その部署での飲み会は参加できても、他の社員との関係を広げることはできず、結果、その部署でめぼしい男性がいなければ、なかなか出会いには発展しないそうです。もちろん、まったくないとは言えませんが。また、もう一つの出会うための方法は、保険会社の人間として採用されているのなら、保険の勧誘を兼ねてパナソニックの社員と出会うことができる場合もあります。保険会社の勧誘の方はお昼ごろ、パナソニックの敷地内で勧誘活動をしております。その際、いろいろとお声がけをして中には出会いに発展するケースもあるとお聞きしました。ただし、保険会社に入ったからといって、必ずしもパナソニックで勧誘できるとは限らないそうです。ある程度の人選があり、優秀な人のみが保険の勧誘員としてパナソニックに派遣されると聞きました。つまり、保険会社の中でそれなりに優秀であることも必要なのかもしれません。そう考えると狭い範囲での勤務となる派遣社員や保険会社の方よりも、パナソニックにつながっている方を使って出会うことの方が有利だと考えます。それが一番効率よく出会える方法なのです。