喪女だから結婚できないと思い込んでいませんか?まず、あなたは自分のどこが喪女だと感じるのでしょうか。今まで良い出会いがなかっただけで、きっとあなたも結婚することができます。ネガティブに自分を喪女だと評価するのはやめましょう。自信のなさが顔に表れ、暗く見えてしまいますよ。自信を持てるまで自分を磨けば、男性からみても魅力的な女性になるでしょう。結婚するための第一歩として、女子力を高めて喪女を脱却しましょう。

何があなたを喪女とたらしめているのでしょうか。特別美人ではなくとも、一般的なほうだと思うけど、という方も多いでしょう。しかし、無難に生きすぎて存在感が薄れ空気となってしまい、男性の恋愛対象から外れてしまっているかもしれません。遊ぶ時間も程ほどにして自分磨きに精を出してみると、自信が内から溢れ出して来ますよ。ここでは外見と内面それぞれに注意すべき点をあげていきます。

男性目線でみると外見はとても重要です。特に結婚相談所などで、会う前のプロフィールしかわからない状態では写真が一番あなたを印象付けるでしょう。

喪女の外見でありがちなのが地味すぎて垢抜けていない、奇抜すぎるなどです。いつも無難な色ばかりきていませんか。しわや毛玉が目立ったりしていないですか。サイズは大きすぎませんか。男性に理解しがたい奇抜な服をきていないでしょうか。多くの男性は、結婚後も妻に小奇麗にしていて欲しいと願うものです。自分の妻として紹介する時に、恥ずかしくない格好ができる女性が魅力的に映るでしょう。反対に服装やバック小物があまりに高そうだと、散財が激しそうだと判断されてしまう可能性があります。派手すぎるのも、結婚後も遊びまわりそうで不安を思わせます。自分の年齢に合った良質の服を少しだけ揃えてみましょう。もちろん体系も、極端に太っているのは美容のためにもダイエットをしたほうがよいでしょう。

服装に加え、化粧や髪型にも気を使っているでしょうか。特に髪型が似合っていなければ、魅力も半減してしまいます。私も服装などに気を使ってもなかなか垢抜けず、苦労したことがあります。無難にボブにしていたのですが癖毛で広がりやすく、セットが苦手も苦手でした。美容室にも気後れしてなかなか行くことが出来ず、頻度が少ないのでスタイルもどんどん崩れていく悪循環です。一念発起して、いつもとは違う少し高めの美容室で綺麗にしてもらい、定期的に通うようにしたら大分垢抜けました。髪形が頻繁に変わることで、職場の男性にも気づいてもらえたり、女性陣にはどの髪形が似合っていたよなどと教えてもらうことが出来ました。私と同じようにオシャレな美容室や服屋には行きにくいという、喪女の方々もいるかとは思いますが、一歩勇気を出して自信を持たせてもらえれば、恐怖心もなくなりますよ。

服装その他の外見に気を使ったからもう大丈夫とは行きません。男性は女性の笑顔に強く魅力を感じます。あなたは自然とはにかむような笑顔ができますか?普段からニコニコと出来ていますか?目線が下を向いていないでしょうか。男性は、本能的に自らが女性を喜ばせることが出来たということに達成感を感じるものなので、良い笑顔を見せられるとその女性に好感を抱きやすくなります。笑顔は練習で身につきます。反対にいつも真顔だと、表情筋が固まってしまいぎこちないニヤニヤとした笑顔になってしまいます。満面の笑みではなくても、穏やかさが現れるような口角が少し上がる程度でも構いませんので常に笑顔を意識しましょう。

結婚相手と意識されるには、内面の美しさも重要です。暗い女性は男性には魅力的ではありません。男性と会話するとき、乾いた愛想笑いばかりしていませんか?例え緊張からのものでも、その乾いた相槌と笑顔は、興味がないので適当に流したいように見えてしまいます。そんな対応をされたら、また積極的に話したいという男性も少なく、自然と離れていってしまいます。はきはきと相槌を打ち、笑顔を浮かべて会話を楽しみましょう。年配の方や女性とは自然と会話が出来ているはずですので、同様に男性だからと気負う必要はありません。しかし、あまりに力が入りすぎて前のめりになってしまうと引かれてしまうので注意しましょう。どうしてもうまく話せないという方は、相手に直接緊張している旨を伝えてしまってもよいでしょう。下手に男慣れしているよりも好感を感じる男性も多いものです。会話や連絡のやりとりなどでは、美しい言葉を心がけましょう。下品な言葉使いは女性らしさに欠けるだけでなく、一般常識まで疑われてしまいます。

そして気遣いが一番重要です。男性にエスコートを求めてばかりではないでしょうか。自分から相手の為に動けるさりげない優しさに女性らしさを感じるものです。しかし、あんまり頑張りすぎて押し付けがましくないようにしましょう。あくまでも男性のプライドを傷つけないよう、かわいらしく甘えることもまた気遣いです。

男性は結婚相手に良き妻、自分の子の良き母親を求めています。自信を持てない喪女のままではなかなか選ばれません。自分から良い結婚相手を捕まえられるよう、自分磨きをしつつ色々な人と接してみましょう!