結婚したいけれども、自分から積極的に男性にアプローチすることができない性格だと、悩んでいるうちに時間ばかりが過ぎてしまいますよね。

男性とお付き合いをする為には「お互いの意志」を確認しなければならず、初対面からこの意思確認をすることはできません。

無事お付き合いができる様になっても、そこからステップアップして「結婚して下さい」とは言い出しにくいものです。

結婚をしたいと思ったら「結婚を前提としたお付き合いの相手」探しを始めることが大切です。

その為の一歩は決して難しいものではなく、以下の方法がおすすめです。

・婚活サイトを利用してみる

「婚活サイト」というと、出会い系サイトの様な不健康なイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

婚活サイトは自分のプロフィールを登録することができて、いいなと思った人のプロフィールを見ることができたり、実際に会うまでに専用メールでやり取りができます。

婚活サイトは「結婚相手を見つける為に」登録している会員が多いので、「仲よくなってから中々結婚まで辿り着けない」という心配はありません。

出会い系サイトとは違い最初から「会うことを前提に」連絡をする目的ではないので、まずは登録だけでもしてみることがおすすめです。

婚活サイトに登録する際には以下の2つのポイントがあります。

< 有料サイトを利用する >

婚活サイトには多くの種類がありますが、登録して自分からマッチングをするタイプだと、無料のサイトも多くあります。

無料のサイトは確かに結婚意識が低い会員が多く、恋人探しの目的で使用している人もいます。

婚活サイトを探す際には、有料サイトを利用した方が良いでしょう。

遊び相手を探す為にわざわざ会費を支払って登録する人が少なくなります。

有料サイトでは登録する際に身分証明書が必要ですので、身元がきちんとした相手に出会えます。

< 期間を決めて婚活をする >

婚活サイトに登録すると、不定期にメールでのアプローチがあります。

その中から自分に合いそうな男性を見つけていくのですが、初めて婚活をする女性が陥り易いのが「待っていればもっといい条件の相手がみつかるかも」と思ってチャンスを逃してしまうことです。

相手の条件ばかりを追っていると理想が高くなり、相手が見つからなくなってしまいます。

そのうちに自分でもどんな相手が良いのか分からなくなってしまい、婚活疲れを起こしてしまう人もいるのです。

婚活サイトに登録する際には「3ヵ月」「6か月」等期間をはっきりと定めておきましょう。

・結婚相談所サイトを利用してみる

婚活サイトの多くは自分で条件を絞って相手とマッチングさせていく方法です。

しかし中には「結婚相談所タイプ」のサイトもあり、こちらの方は一人一人にアドバイザーが付き、希望の条件に合った男性を紹介してくれます。

登録すると確実に紹介して貰えるので「相手がいない」ということはありません。

結婚相談所は男女共に有料で、それを高いか安いかは本人の価値観次第です。

会費が高い代わりに、男性会員は全て身元がしっかりとしていて、医者や弁護士、会社役員や企業家も多く、かなりハイスペックです。

社会的ステイタスがあるので、パートナーとしてビジネスの場にも同伴できる様な女性を探している男性が多く、女性に対する条件も高めになります。

向上心があり、結婚してからも自分を高めていきたいと思う女性にピッタリです。

結婚相談所に登録する際の注意点は、やはり「期間を決めておく」という点です。

登録すると、すぐに1人ずつ紹介をしてくれます。

条件的にNG、会ってみてNG、という場合でも、すぐに次のお相手を紹介して貰えます。

但しそれも最初のうちで、あまりお断りばかりしていると段々と紹介される間隔が長くなってきます。

最初から「6か月」等と期間を設定しておき、最も紹介される人数が多い期間に成婚できる様にしましょう。

また、こちらの方は登録するとすぐに紹介されてお見合いまでドンドン話が進んでいくので、本当にすぐに結婚したい人に向いています。

・婚活イベントは内容を選ぶこと

最近流行りの婚活イベントは、婚活サイトから申し込むことができます。

婚活イベントには幾つかのタイプがあり、パーティー形式でホテルの会場やレストランを貸切にして行うものもあれば、単に「集団お見合い」の様にひたすら自己紹介をし合うだけのものもあります。

婚活イベントに申し込む際にもコツがあります。

それは、内容が「年齢・居住地」ではなく、「職業・趣味」等条件を絞ってあることです。

漠然と年齢と住んでいる場所が同じ人達だけの集まりでは、あるとあらゆる環境の男性が対象になります。

性格が良くてもフリーターだったり、自営業で働き手としての女性を求めているという人もいるのです。

まずは価値観が同じで生活環境が良く似ている人を基本に選ぶ為にも、イベントの内容は大切です。

婚活しようと思い立ったら、一歩踏み出すだけで自然と周囲が流れてくれる様な行動をしましょう。

友人・知人の紹介よりも婚活サービスを利用した方が気軽で、万が一ご縁がないと思っても断り易くなります。

何度か出会いを繰り返せば、自分の意識が結婚に向く様になり、婚活サービス以外でも出会いのチャンスが増えて行く様になりますよ。