周囲の友人や同年代の人達からどんどん結婚や出産の報告があると、自分も結婚に焦ってしまいますよね。しかし、結婚したくても一体どんなことから始めたら結婚に近づくことが出来るのか分からないという方も多いかと思います。今回、結婚をするために努力するべきことについてご説明しましょう。

まず、新しい人との出会いの場に積極的に参加するようにしましょう。その「新しい人」というのは、女性でも男性でも構いません。女性の知り合いが増えると、その女性から男性を紹介されたり、異性の集まる場所に招待される可能性もあります。新しい女性の知り合いが出来ることも、男性との出会いのチャンスです。出不精にならず、人からの誘いは簡単に断らず、なるべく交流の場に出向くようにしましょう。その出会いの場は、もちろん婚活パーティーや結婚相談所でも大丈夫です。むしろ、そのような場所の方が結婚相手を探すことを目的に参加している異性と出会い易くなります。因みに、そのような場に参加するなら男性(あるいは男女両方)の参加費用が高額な程、相手の結婚への本気度が高い可能性があるので、参加費用をチェックしておくことをおすすめします。

男性と出会いがあり、デートに発展したら、次は礼儀に気をつけましょう。ただ付き合うだけではなく、将来の結婚を目標とするなら、礼儀正しいことはとても大切なことです。デートでは女性は男性から奢られることも多いと思いますが、もし奢ってもらえることが分かっていても、会計時に財布を出そうとしたり幾ら出すか聞く等、女性も自分にも支払いの意志があることを見せるようにすると良いでしょう。なかには「女性には絶対に支払いはさせたくない」という男性もいますが、女性が支払いの意志を見せることで嫌悪感を感じるようなことは無いでしょう。また、もし割り勘だった場合でも、レジ前でお金のやりとりをするのは、男性が恥ずかしい想いをするかもしれないので、お店を出てからお金を渡すと良いでしょう。このように男性を立たせる気遣いを忘れないようにしましょう。そして、デートの後は相手へのお礼の連絡を忘れずに。このお礼はなるべく早い方が良いので、帰宅後すぐや遅くても翌日には連絡しましょう。このお礼は奢ってもらってももらわなくてもするべきことで、相手が自分のために時間を割いてくれたことへの感謝の気持ちを表すつもりでやりましょう。礼儀正しく気遣いの出来る女性であることをアピールすることで、次のデートに繋がり易くなるのはもちろん、将来長く一緒にいることについて問題を感じさせないという効果もあります。

気になる男性が既にいるか、出会うことが出来た場合、結婚への次のステップとしてやるべきことは、男性の「結婚したい」という気持ちを盛り上げることです。しかし、女性によっては結婚したい意志を男性に伝え過ぎ、引かれてしまってうまくいかないこともあります。「結婚したい」という意志を見せられる程、男性によっては逃げ出したくなったり、「この女は自分から簡単には離れないだろう」という安心感を与えてしまい、結婚の時期を引き延ばされてしまうかもしれません。男性は女性が自分から離れていってしまいそうな方が「この女性を手放したくない」という想いが高まり易くなり、結婚したいという気分に持って行き易くなります。では、どうすればそう思ってもらえるようになるのでしょう。

付き合い始めの頃は、どうしてもたくさん連絡をしてしまいがちになるものです。しかし、連絡し過ぎると、相手はあなたから監視されているかのような気持ちになったり、相手から鬱陶しがられたりする可能性があります。連絡を取りたい気持ちを少し抑え、頻度は自分が思っているより少し少なめにしてみましょう。

また、いつでも彼の予定に合わせて日々のスケジュールを決めている人も要注意です。男性が「会いたい」と思っている時にいつでも会える女性でいることにより、先に述べたように、男性はあなたのことを「自分のことが好きだから自分から離れないだろう」と思う可能性があります。そうならないためには、あなた自身も彼以外の楽しみや趣味、没頭出来ることを見つけましょう。そして、あなたのスケジュールに彼と会うこと以外のイベントを増やすのです。彼と会う頻度が減るかもしれませんが、彼があなたを「簡単には会えない人」と思うことで、あなたと会える機会を貴重なものだと感じ易くなります。彼と会っている時にあなたが自分の趣味や他の交友関係も楽しんでいるという話をすれば、好きなことを楽しむあなたは彼にとって更に魅力的に見えるでしょう。また、彼以外の楽しみややることがあるという一面を見せることで、精神的に自立して安定した女性に見え、彼の結婚への想いを高め易くなります。いつでも簡単に捕まる、都合の良い女にならないよう、自分を忙しくさせることも結婚に近づくための第一歩です。

いかがでしたか?結婚したくても何から始めたら良いか分からないという方は、積極的に出会いを求めることや、礼儀正しくいること、精神的に自立しすることを心掛けることから始めてみてはどうでしょうか。