仕事に疲れてしまったから、結婚したいと考える人も多い中、仕事が楽しいと思えることは、とても素晴らしいですね。今は親世代とは比較にならぬほど、女性の社会進出が進み、総合職としてバリバリ働く女性も多く、また、国や企業の期待も高くなる一方です。

キャリア構築のビジョンが具体的になってくるアラサー世代は、ちょうど日本の女性の初婚平均年齢でもあります。企業の評価も男女差がないどころか、カップルのうち、女性のほうが高い給与を得ている事例もそう驚くことではなくなりつつあります。私のある知人の勤める企業では、妻が部長、夫が係長というケースも特別珍しくなく、結婚後、妻が東京に栄転し、別居となってからもラブラブ円満なカップルもいるのだそうです。

とはいえ、親世代の常識をそのまま踏襲する人たちにとっては「妻のキャリアは、夫のために捨てることもやむなし」という考えも残っていることでしょう。電撃的に恋におち、付き合ってるときには将来のことなど考えることもなく、ふたり一緒にラブラブで今を過ごせれば幸せ、というカップルも、結局のところ「個人」と「個人」です。ふと自分の生き方を見直したとき、従来の男性優先のキャリア形成に疑問を抱く瞬間があるかもしれません。ふたりの心が結婚に向かったとき、ひとりの人間としての生き方を自らに問うことになります。その際に、彼が「俺に黙ってついて来てくれ」という考え方しか抱けなかった場合、その恋愛は残念ながら、恋愛で終わってしまうか、どちらかが「あきらめ」というリスクを背負った結婚になってしまいます。

まず、あなたが知っておくべきことは、今はさまざまな選択肢があるのだということです。夫婦は必ずしも一緒に住まなくてもよいですし、別居婚は既に「ニュースになるほど、特別なことではない」ということです。ごく当たり前に妻のキャリアを優先して、男性が転職を選んだり、家庭に入るという選択をすることもありますし、今後、そういうケースはどんどん増えていくでしょう。ですから、仕事を優先するために結婚をあきらめる、なんてことはしなくてよいことです。結婚をしたい、と思うなら「今のあなたのままで」結婚をすることを目標として設定しましょう。

今、お付き合いをしている人がいるなら、彼に自分の気持ちや考えを伝えてみましょう。彼に伝える、というよりは、自分の意思を再確認する、という感覚で語ってみてください。それでもしふたりの仲がどうにかなってしまうようなら、それまでの関係だった、ということです。そのときは悲しく感じるかもしれませんが、あなたが「自分の生きたい人生」を過ごすための、重要なステップのひとつです。

現在、お付き合いをしている人がいないようであれば、結婚相談所に登録するのも、あなたの理想の結婚への近道になるでしょう。

結婚相談所に登録している人たちは、みな「結婚」というひとつの目標に対して強い意思を持っています。真剣に考えている人たちが「出会いのプロ」のサポートを受けながら、効率よく「理想の相手」と出会うシステムです。膨大な登録者データの中から、あなたの希望条件に沿った相手を見つけるのに、家と会社の往復、ときどき友だちと遊ぶだけ、という状況より、はるかに「結婚」に近いと言えるでしょう。

あなたの「仕事を続けたいから、別居結婚がしたい」というニーズは、古い考え方の立場から見ると、とんでもないワガママと言われるかもしれません。ですが、結婚相談所に登録している人の中には「仕事をがんばっている女性」や「アクティブに、外でキラキラと輝いている女性」「自分というものを、きちんと持っている意志の強い女性」を希望されている人もいることでしょう。

もし別居婚を望む理由が、あなたの仕事上、転勤が多いから、という理由なのであれば「自分は在宅勤務ができるので、女性の転勤に一緒についていくこともできる」という条件を持っている人との出会いもあるかもしれません。その男性から見ると「旅をするような在宅勤務」が叶い、素晴らしい伴侶と、素晴らしい土地との出会いが訪れる喜びを得られる、ということもあるでしょう。

あるいは、あなたの仕事柄、どうしても自宅ではひとりでいたい。でも、結婚という「絆」を持つ相手が欲しい。そんな人と、程よい距離で一緒に生きていきたい、というのであれば、スープの冷めない距離にお互いの家を持ち、ひとりの時間とふたりの時間の両方のいいとこ取りをする、というのもステキなプランのひとつです。

出会う前から「結婚観」について詳細なデータを持つ結婚相談所での出会いというのは、日常からの交際のスタートより、スピーディで、効率よく「出会いの奇跡」に遭遇できる確率がとても高いと言えます。

パートナーシップで大切なことは「お互いが、認め合うこと」。既成の概念という枠にふたりの関係を押し込めるのではなく、お互いのニーズを真剣にぶつけ、認め合いながら、ふたりだけの絆をつないでいくことです。