年収の高い男性は婚活の場において、人気があります。婚活においては、沢山の中から相手を選ぶという感覚に陥りがちです。早い者勝ちならともかく、女性の場合、多くの男性からアプローチを受ける場合もあります。そんな時、何かを基準にして相手を選ぶようになります。

ですが、お見合いパーティのような場では、短時間で相手を絞っていかなくてはなりません。当然、見た目や条件、特に年収などには目が行きやすい判断材料となってしまうのです。

結婚後の生活を考えたならば、当然年収が低い男性よりも、年収の高い男性を選びたいと思うでしょう。中には、まだまだ専業主婦の座を狙っている女性もいます。

では、年収の高い男性と結婚するには、どうしたらいいのでしょうか。

■年収800万円以上の男性とは?

よほどの大企業に勤めている女性以外は、普段の生活において、年収800万円以上の独身男性と出会う機会はなかなかありません。ですが、婚活をしていると、何故か高収入の男性も多いものです。

中には、年収1,000万を超える男性も紛れていたりします。勿論このような好条件の男性に群がる女性は多いので、若干の非がある男性でさえも、年収だけで大変人気を集めます。しかし、年収1,000万を超える男性というのは、大企業勤務だったり、一流大学を卒業していたり、見た目も悪くありません。絶対モテるのです。明らかにモテる条件が揃っているのです。このような男性は、多くの女性と触れ合う機会がありますので、殆どの男性はより好条件の女性を選びます。自分だけがその男性に見られていると思うのは、非常に危険です。同じように何人かの女性を同時進行して、選んでいる場合もあります。年収1,000万以上の男性は基本的にモテていますから、そのような素敵な男性を狙う場合、かなり高い倍率を勝ち抜かなければならないという事を知っておくべきです。

では、年収800万円以上の男性には、どうでしょうか。年収800万から1,000万未満の男性で見た目も良ければ、もう売れています。この層の男性で普通の人ならば、ほぼ結婚出来ています。ですので、残っている人の多くは、なかなか癖があります。見た目に難がある、生理的に無理、ケチ、性格に問題があるなど、何かあります。何かが著しく欠けている部分があったりするのです。

■年収800万円以上の男性と結婚するには?

それでは、年収800万円以上の男性と結婚したいのであれば、どうすればいいのでしょうか?高収入の男性と結婚するには、どこかを妥協すべきです。例えば、見た目です。髪が薄い、背が低い、肌が汚い、太っているなど、そういう見た目の条件は捨ててしまいましょう。生理的に無理はものは、なかなか越え難いものがあります。生理的に無理ではない範囲で、見た目に妥協をすることが出来れば、結婚に近付けます。

また、中身の問題もあります。年収800万程度稼いでいるにも関わらず、初対面の女性に奢れない男性がいます。このようなケチな男性は、年収が高かれ、引くかれ、女性からはモテません。何故モテないのかさえも、本人は気付いていない場合があります。

ですが、年収1,000万を超えてくると、ケチケチ割り勘にしたり、相手の女性にお金を請求してくるような人はいませんから、モテるのです。800万台の男性には、まだまだケチが潜んでいます。このケチな部分を許せれば、先に進めるかもしれません。ですが、たいていの女性は、年収が女性よりも高いのに、お金を払わせるような男性に、魅力は感じません。だったら、年収が低くても、女性にお金を使える男性を選びます。高収入でケチな男性ほど、人気ありません。この層で残っている人は、たいてい一度会っただけで、モテない理由がわかります。

このレベルの男性を良しとすれば、結婚には前向きですので、結婚は出来ます。年収1,000万の男性は、今の生活レベルを落としたくないところもあるので、結婚していない人は、若干結婚に前向きでない人もいるものです。

■年収800万円以上の男性と出会う方法。

年収800万円以上の人と出会うならば、婚活すべきです。友達に紹介を頼んでも、よほど周りにハイステータスな人が多い場に身を置いている人以外は、まず簡単に好条件の人を紹介してくれません。同性の既婚者や彼氏持ちの友達に頼んでも、自分のパートナーより好条件の男性は、なかなか紹介してくれないものです。無条件ならば、誰か紹介してくれるでしょう。しかし、エリートの男性を紹介してくれる、気前の良い同性の友達は、そう簡単にはいません。

また、異性の友達も、その男友達のレベルに合う女性と判断すれば、紹介してくれます。男性は男友達を大切にしますから、変な女性は友達に紹介出来ない、なんて考えの人もいるのです。

もしも、高収入の男性と出会いたいと思うならば、きちんと婚活をしましょう。高収入の男性がいる結婚相談所でしたら、女性が若いうちはチャンスが開けています。20代のうちにこそ、ハイステータスな男性が集まる婚活の場で活動をし、さっさと玉の輿に乗ってしまいましょう。